teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


8月3日の方座浦

 投稿者:RYU。  投稿日:2013年 8月 5日(月)22時02分17秒
返信・引用
  赤島は先週同様グッドコンディション。
 でもゲストはショップ4名のみ。(自分を除いて)
 ショップのイントラは、今日は良いと言っていたが、ゲストは良くないとのこと。
 聞いていると、グアム帰りらしい。
 それは仕方ないな。
大野平瀬も先週同様、赤嶋より少し透視度が悪く少し水温が低い。
 でも、悪くない。
 
 

7月27日の方座浦

 投稿者:RYU。  投稿日:2013年 8月 2日(金)21時26分31秒
返信・引用
  赤島
 水温上昇。24.4℃。快適。
 透視度12~15mって言っちゃおうかな。快適。
 ガイド氏と離れてもエアの上がるのが見えるから、合流簡単。
 こんな日にゲストいないなんて!
大野平瀬
 透視度は悪くないけど、水温は先週のまま。
 どうなってんの、残念。
 

7月20日の方座浦

 投稿者:RYU。  投稿日:2013年 8月 2日(金)21時19分1秒
返信・引用
  相変わらず水温低い。
寒いっす。
 

Re: 七夕は、

 投稿者:RYU 。  投稿日:2013年 7月10日(水)21時36分58秒
返信・引用
  > No.453[元記事へ]

松阪の”S”さんへ

思い出しました。
Sさんは基本、日曜でしたね。
自分は基本土曜ですが、天気が不安定だったので土曜に予約を入れるのを躊躇したというか、実際には方座が祭りだったので、結果としては、土曜に申し込んでも潜れなかったのですけど。

バイクは続けていらっしゃるようで、GSさえあれば良かったのに残念です。

水温24度ですか、そういう日もあるでしょうね。
ガイドKさんに、沸かしておくよう頼んでおきます。
方座で待っていますよ。
器材持ってきてください。
 

七夕は、

 投稿者:松阪の”S”  投稿日:2013年 7月10日(水)14時14分7秒
返信・引用
  バイクに乗って、久しぶりに方座を目指しました。
きっと、RYUさんも潜られると思って・・・
バイクで高速は楽しくないので、42号線走ってたら、「おっと、給油しておかないと、方座から戻れない」 大台の警察周辺のガソリンスタンドがことごとく閉まっててこの先ガソリンスタンドあったっけ?
とほほ・・・大台の道の駅で一休みして戻ってきました。
帰途、栃原にて無事給油。
(バイクには、ガソリンのメーター付いてなくって、給油時にトリップメーターを0.0Kmにして、なくなりそうな前に給油しなきゃならないし、この作業をわすれることもあるし、満タンでも10Lくらいしか入りません)
この夏のうちには、またひさしぶりに方座目指します。
P.S. 機材は5年分の埃まみれです。水温24℃は欲しいです。
 

七夕ダイブin方座浦

 投稿者:RYU 。  投稿日:2013年 7月 9日(火)21時18分35秒
返信・引用
  七夕と言えば、季節的に曇天または雨天が多いけど、ほぼピーカン。
実際のところ、翌日には梅雨明けが発表された。
外(陸)が超暑いので、涼みに海へ。
寒い、冷たい、水温19度は冷えすぎ。潜っていると指先からしびれてきた。
外が暑いからいいけど、もう少し水温が欲しいところ。

贅沢は敵?潜れるだけ幸せ?はい確かに。
 

Re: 超おひさしぶりです

 投稿者:RYU 。  投稿日:2013年 7月 4日(木)21時06分11秒
返信・引用
  > No.450[元記事へ]

松阪の”S”さん、お久しぶりです。
 お元気ですか。懐かしいなぁ。

 自分は相変わらず、方座に通っています。
 職場の異動とかあったりして、遠征ダイブからはご無沙汰させられていますが、方座は高速の延伸でより近くなりました。
 方座の常連さんもすっかり入れ替わりました。
 年月の流れで皆さんの状況も移ろい変わっていくようで。
 状況が相変わらず変わらないのは、自分ぐらいですね。
 年は同じだけ経ているので、見た目は埃がたまってきていますが。

 いまだにレガシィです。
 ただし、自分と違って、昨年、代替わりしてます。

 一度またお目にかかりたいですね。
 久しぶりに方座でリフレッシュしてみませんか。
 器材がダメなら、レンタルありますよ。
 それとも、完全卒業のままですか。
 

超おひさしぶりです

 投稿者:松阪の”S”  投稿日:2013年 7月 3日(水)09時00分8秒
返信・引用
  気づけばずいぶん潜ってなかったです。
ログブックは、2008年7月6日、520本で終わってます。
大野平瀬と小山。
サインがガイド氏だけなのでふたりで潜ったのかな。
5年ぶりにログブック開きました。
"RYU"さん、お元気そうですね。
レガシー・ツーリングワゴンも頑張ってるのでしょうか?
 

2013年6月15日 方座浦

 投稿者:RYU 。  投稿日:2013年 6月17日(月)22時50分24秒
返信・引用
  気づけばずいぶん書いてなかったな。
2011年も2012年も、職場の異動により思うように行けなかったけど、それなりに潜ってました。
とはいえ、沖縄には3年行けてない。(T_T)

方座浦からの呼び出し。
 ガイドさんも今日からウエットにするとのこと。
 ウエットで潜れるなら行くか。
 だって半年ぶりのリハビリダイブ、ウエットの方がなじむ。
 6月のウエットで方座って初めてかも。
 暑いからね、毎日。
 雨降らないし、梅雨なのに。

 指示棒(ガイド棒)忘れた。
 荷物をドライ装備からウエット装備に入れ替えた時に、積み忘れた。
 ガイド棒と言っても、もちろんガイドはしない。
 ちょっと体を支えたりする時に結構使っているから、手元にないと本当に不便。

 1本目、赤島。
 エントリーしたら冷たいがと感じたが、寒くはない。
 透視度は良くない。
 ダイコン水没。
 1本目の浮上までは見ていたので、異常なかったはず。
 なのに、ログ付けの時に見たら、画面が無表示。
 電池?
 傷除けカバーと画面の間の水が取れない。
 カバーを取ってみると、画面の中に水膜が・・・
 少し近くの細かいものが見えにくくなった方にも使いやすい大画面。
 周囲の人のサウンドアラームと間違えにくいバイブレータアラーム。
 浮上速度が警告域に入る手前がわかりやすいバーグラフ。
 残念。
 なぜかダイコンは複数持って潜っているので、1個使用不能になってもダイビングは続けられる。
 ほかの、陸使いも可能な小型だけど、ちょっと文字が小さくて見にくい、バーグラフがないから浮上速度警告がいきなり出て驚くダイコンの方が引退だったら、まだ良かったのに。

 雲が出てきてる。
 2本目、中平瀬。
 寒い、30分経過ぐらいから上がりたくなる。
 器材を洗う、雨降りそう。水を切るぐらいしかできないな。
 雨が降ってきた。
 器材を車に積んで、事務所に行ったら、土砂降り。
 帰りの高速道路も土砂降り。

 あんなに晴れが続いたのに。
 台風3号が来てもたいして降らなかったのに。
 スバルが誇るアイサイトもエラーで、使用不能。
 

2010年9月25-26日 潜水部合宿(2010年度第2回)in串本

 投稿者:RYU。  投稿日:2010年10月 4日(月)21時01分46秒
返信・引用
   24日19:30集合、出発。
 今回の参加予定者のうち2名が業務都合でやむを得ずNGになり、7名参加。
 車はY車ハイエースとN車MPV、乗車前に潜水部10周年記念Tシャツ配布。
 車も2台だが、宿も2カ所に分散になる。
 いつもの宿でシングルユースが3名、残りの4名は別のホテルの4人部屋に入る。
 宿泊代が個人負担となるため、4名がいつもの宿の半額で泊まれる大型ホテルの4人部屋を選択した。
 23:05いつもの宿に到着。
 もう1台の車は先に離脱してコンビニにより別のホテルへ。
 こちら3名は部屋に荷物を置き、隣のコンビニに別々に入る。
 別々に買い物をし、別々にコンビニを出て、別々の部屋で個別に一人ミーティング。

 翌朝07:20、シーマンズに向かう。
 もう1台は朝食が7時からなので後からシーマンズに来る。
 シーマンズでは、折良くオリンパスフェアーを開催中しており、最近興味を持っている
OLYMPUS PEN Lite E-PL1 をレンタルできるので予約してある。
 ガイド上田クンに操作説明を聞き、ついでに集合写真を撮ってもらう。
 このため、今日は配布したばかりの潜水部10周年記念Tシャツを着てくるよう指示してある。
 若干1名については、Tシャツ発注後に合宿への参加意志確認があったため、着用していない。(ビジター参加で良しとし入部の意志は薄いようだ)
 ガイドをしてくれる上田クンが挨拶に来た時、Yが新しいTシャツを10周年記念で10th Anniversaryでテンスの絵と、何も聞いていないのにいきなり説明しだした。
 止める間もありゃしない。
 謎かけの前に答えを発表するなんて、台無し。
 前回も津のショップの事故のことを前置きもなしにいきなり聞いていたっけ。
 少しは考えてから気を遣ってしゃべって欲しい。

 N副部長は、O/H済みBCをガイド上田クンから受領。
 海は残念ながら台風12号のうねりが強く、外洋はクローズ。
 外洋と近場に分かれることになっていたが、同じ近場ならばと7名一組にされた。

25日-1本目:住崎
 8世に乗船、うねりは大きい。
 数回に一回のさらに大きいうねりを越えるときは速度を落とす。
 のんびりしていると揺れでヤバイので、カメラを持ってさっさとENTRY。
 透視度はあまり良くないが、実はこのあと悪くなっていく一方だった。
 集合待ちしていると、近くにヘラヤガラがいる。
 逃げないので撮ってみるが、意外と光(フラッシュ)が届かない。
 設定を変えればいいのかもしれないが、借り物のザッとと説明を受けただけのカメラなので良くわからない。
 ヨスジフエダイも撮ってみる。
 ベニカエルアンコウは珍種と言われるが、クマドリ以外見た目の区別は付かない。
 フリソデエビは小屋根の岩がじゃまでフリソデエビの上半分に影ができるので、カメラを倒して左から光を当てて撮ってみた。
 ガイド上田クンにナイスと言われる。

2本目:グラスワールド
 集合を待っている間に、近くにクビアカハゼ2匹が左右に構えている穴から黄色いエビ(コシジロテッポウエビ)が出入りしているのを見つけた。
 コシジロテッポウエビも入れてクビアカハゼのペア!?を撮ろうと構えるが、エビがよいタイミングで出てこない。
 やや遠目からじわじわ寄りながら撮ってみる。
 ジョーフィッシュは小さくややシャイ。
 クマドリアンコウはやや大きいが、まぁかわいい。
 次はイロカエルアンコウ。
 今日はカエルアンコウが続くなぁ。
 トラウツボがいたので撮ってみる。
 皆は先に進んでいるので、ゆっくりはしていられない。
 1本目よりさらに少し透視度も落ちている気がする。
 あまり離れるとマズイ。
 しかしカメラを向けると逃げずに威嚇してくる。
 真正面からの迫力ある絵が欲しくて粘る。

3本目:アンドの鼻
 ヘラヤガラが逃げずに寄ってくるので、撮ってみる。
 いい絵が撮れたと思ったが、光が届いていない。
 ホンソメワケベラがコロダイをクリーニングしていたので撮ってみる。
 光が届かない。
 設定がおかしいのかな、ストロボのスイッチが1/2になっていたので、正しいのかどうかわからないがFULLにしてみる。
 予定したブイが取れなかったので、アザハタの根まで遠い。
 アザハタの根は、クロホシイシモチの大群に覆われていた。
 タテキンが出てきたが、カメラを向ける間もなく一瞬で消えた。
 クロホシイシモチの数が多すぎて、合って欲しいところにピントが合わない。
 クロホシイシモチがじゃまになってアザハタにピントが合わない。
 はっきり言って成り行き任せでシャッターを切る。
 ガイド上田クンがテンスの幼魚を見つけた。
 10th=テンスってことで、ずいぶん探してくれていたようだ。
 いまだにテンスとホシテンスの区別がわからない。
 モノによって書いてあることが違う。
 Tシャツのイラストを描いてもらう時にも迷った。
 しかし、探したからと言って見つけられるモノではないのに、すごい。
 何とかピシッと撮ろうと粘るが、最後はガイド上田クンが無理に砂に潜らせた。

 ログ付けを終えて、宿へ。
 N副部長が「磯しん」に電話したが残念ながら席が空いていないとのこと。
 安パイキープの「美之助」に連絡を入れてもらう。OK。
 ビジネスホテル串本に降ろしてもらい、Y車にはハーバーホテルにNクン達を迎えに行ってもらう。
 集合後、徒歩で「美之助」に向かう。
 客はカウンターにジモティ2名がいるばかり。
 相変わらずナイスだぜ、美之助。
 食った、食った。飲んだ、飲んだ。
 何食ったか、覚えていない。
 えびだんご、えびだんご、えびだんご。えびだんごはこれくらい食ったかな。
 磯しんより旨いかもしれない、記憶だけでは味がぼやける、連日で食べ比べないとわからないな。
 アオリイカの刺身は残り1人前のみ、掠うように注文。
 アカイカの刺身も頼む。
 誰もなかなか頼まないから、魚もいるだろうと食べもしないのにトビウオの刺身も頼む。
 コロッケは昼の弁当に入っていたからパスだそうだ。
 牛すじ焼き(イヤどう見ても牛すじ煮込みだろ)も旨い、砂ズリも旨い、焼き鳥も旨い。
 アカイカは在庫があるようなので焼いてくれと言ったら、ゲソだけしか焼けないと言われた。ゲソでもいいから食う。
 ・・・もっと旨いモノも食った気がするが覚えていない。

 2次会に前回開拓した「ひろや」に入ろうとしたが、NG。
 おかみにまたと断られる。
 これで解散もどうかとコンビニで仕入れて、ビジネスホテル串本の一室に入る。
 7名いると狭い。
 ビジネスホテル串本の温泉は22時まで、ハーバーホテルの温泉は24時まで。
 温泉に入れるように早々と解散・・・したが、酔ってるし、この時間ではゆっくりできないし、温泉くさいし、温泉には入りそびれたイヤ入らなかった。


 翌朝、ホテルを引き払いシーマンズへ。
 曇っている、
 ちょっと寒いが、ボートコートやウエットパンツを出すのも面倒。
 これくらい耐えられるだろう。

26日-1本目:備前
 今日のガイドはバブルリンガー岩崎さん。
 潜水部の相手をしてくれるなんて、珍しい。
 誰もカメラを持っていないことに驚かれる。
 今回は、初日にレンタルするので、自前のカメラを持ってきていない。
 カメラがないなら、カメラ待ちに時間がない分あちこち見に行きましょうってことになった。
 昨日よりうねりは弱くなったが、透視度はさらに落ちてきた。
 予定のアンカーも取れなかった。
 ちょっと遠くなるが、ネジリンボウとホタテツノハゼを見に行く。
 その途中で部員がテンスygを見つけた。
 そういうことをすると、テンスなんてどこにでもいるんだって思っちゃうでしょ。
 しかも、この個体はなぜか何をしても砂に潜らない。
 うぅっカメラが欲しい。
 ガイド岩崎サン秘蔵のホタテツノハゼは、底を周回していたイラにより引っ込まされてたようだ。
 ネジリンボウは、ライトぎらぎらカメラマンが物色でともに玉砕。
 ヤシャハゼも見たかったが、ネジリンボウにヤシャハゼがいたら、カメラを持っていないことをもっと嘆くことになっただろう。
 ガイド岩崎サンが見つけたかなり小さなミナミハコフグもかわいかった。カメラが欲しい。
 ガラスハゼで遊んでいたら、ガイド岩崎サンが皆に紹介。
 ウミウサギガイを見つけたので、ガイド岩崎サンを呼ぶ。
 ガイド岩崎サンがシマウミスズメygを捕まえ、手に付いてくるところを実演しようとしたが、なぜか一目散に逃げ出す、なぜ?
 タテキンyg、カメラが欲しい。
 でも、カメラを持っていないことで、かなりアグレッシブに動き回れた。

2本目:グラスワールド
 トイレ休憩のみで連続ダイブ。
 昨日も潜ったポイントだが、昨日のコースを聞いて、違うコースに行ってみましょうと言うことになった。
 ウミガメを見に行く。3匹ゲット。
 2匹目のカメは病気、ウイルス性の肉腫ができている。
 見ていられない。
 違うコースを行くと言っても重なる部分は多い。
 ジョーフィッシュは場所は変わらない、壁にいたイロカエルアンコウもほとんど動いていない。
 クマドリカエルアンコウは昨日いたクマノミのいる岩角にはいない。
 近くにいるかなと探してみる。
 ガイド岩崎サンが先に見つけた。
 右の岩角の海藻の陰に隠れていた。
 イロブダイygもアジアコショウダイygもかわいい。
 やはりカメラが・・・

 ログ付けして精算、漁協協力くじは外れた。
 7名いて1名のみ、飾り物をゲット。
 賞品の一つにもなっている金柑マーマレードの入手先を聞く。
 帰路、串本内のAコープに寄ってもらう。
 金柑マーマレード、ゲット。
 希望により干物屋に寄るが、閉まっていた。
 寄らないと何となく思っていた「香梅堂」に寄る。
 香梅堂はデフォルトだったらしい。
 寄ったから「鈴焼き」を買う。
 干物目当てで、道の駅「紀宝町ウミガメ物産館」に寄る。
 なんと、大内山牛乳ソフトがある。
 皆で迷ったが、大内山牛乳直売所まで耐えることにする。
 大内山牛乳直売所に17:50に滑り込む。
 18時までと思っていたら18:30までだった。
 大内山行乳ソフトをゲット。
 空模様が怪しい。
 降ってきた、かなり。
 嬉野PAで、方面行きで乗り換え。解散。

 1日目に OLYMPUS PEN Lite E-PL1 で撮った写真をガイド上田クンがシーマンズのblogにUPしてくれている。
 以下の写真は、blogの写真より大きめに処理したものを掲載。
 

レンタル掲示板
/46