teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


箱根駅伝の栄枯盛衰

 投稿者:宮城の北・朝霞  投稿日:2021年 6月20日(日)11時29分43秒
   今から40年前、専大陸上競技部は本選9位ながら4年連続シードの駅伝強豪校でした。
箱根出場するのは当たり前の時代で応援には行かず、初詣やC-52専大友人とドライブ。

 勤めてた会社が千代田区内神田、大手町の読売新聞本社まで徒歩10分の距離でした。
通勤定期を利用し、05年・第81回箱根駅伝スタートを専大応援ブースで応援しました。
当時の観客は、各大学の選手保護者や陸上部OBOGのみで歩道はガラガラで自由に観戦OK。
20年・第96回箱根駅伝、観客数は10倍↑山手線の満員電車の車内の様な混雑状況。

箱根駅伝4連覇を達成した青山学院・2位に躍進した創価大学・9位シードの國學院大學・
外国人留学生の活躍で10位シードの東京国際大学・しぶとく本選に出場する国士舘大学。
16年前は本選に出られなかった予選校達。 当時は影も形も見れなかったです。

第81回から第96回まで大手町応援を継続しましたが、箱根駅伝を大学スポーツの
優先順位1番と考えている大学が、毎回毎回シード校になっている気がしています。

専大陸上競技部がいくら頑張っても、大学側が本気を出して練習環境の改善や選手強化に
「人物金」を投入しない限り、優勝どころかシード校にも成れないと思います!

【第81回箱根駅伝本選と第97回箱根駅伝本選との比較】箱根駅伝100年他より

第81回・大学名  駅伝力    第97回・本選順位   第97回・予選順位
①位・駒澤大学    ↑         ①位
②位・日本体育    ↓↓       14位
③位・日本大学    ↓↓↓                 予選18位
④位・中央大学    ↓↓       12位
⑤位・順天堂大    ↓         ⑦位

⑥位・東海大学    ↑         ⑤位
⑦位・亜細亜大    ↓↓↓                 予選20位
⑧位・法政大学    ↓↓       17位
⑨位・中央学院    ↓↓↓                 予選12位
⑩位・神奈川大    ↓        13位

11位・早稲田大    ↑↑        ⑥位
12位・大東文化    ↓↓                  予選13位
13位・東洋大学    ↑↑        ③位
14位・山梨学院    ↓        19位
15位・城西大学    ↓        16位

16位・帝京大学    ↑↑        ⑧位
17位・専修大学    ↓        20位
18位・明治大学    ↑        11位
19位・拓殖大学    ↑        15位
19位・学連選抜
           ↑↑↑   創価大学②位
           ↑↑↑   青山学院④位
           ↑↑↑   國學院大⑨位
           ↑↑↑   東京国際⑩位
           ↑↑    国士舘大18位        
 
 

砂糖のような

 投稿者:最下位人  投稿日:2021年 6月20日(日)09時51分57秒
  期待し過ぎだよ、専修大学だよ、何でも甘すぎるよ。  

指導陣も奮起せよ!

 投稿者:北の巨匠OB  投稿日:2021年 6月20日(日)06時31分38秒
  総合順位は期待していなかったが…7人の大幅な自己新を期待していた。現在も親交しており、五輪金メダリストや数々のトラック種目で日本新を樹立した選手を育て、闘将監督と言われた方と食事懇談。その際「1万㍍が強くなればハーフまでは走れるはず!」と話してくれた。個人的には私も同じ考えでした。前回の箱根予選会。何故、予選突破できたのか?予選会当日の他校の事情を分析し、スタッフは奮起しなさい!プロの指導者とみられている。頑張れ!  

全日本予選会

 投稿者:C-52  投稿日:2021年 6月20日(日)05時37分30秒
  箱根ランナーが8名も残っていながら、昨日走ったのはたったの二人だけ。
オーダー提出の時点で負けちゃっている。
10月までしっかり調整してくださいよ。
我々はただ応援するだけですから。
 

誠に僭越ではございますが

 投稿者:タッカー  投稿日:2021年 6月20日(日)04時17分15秒
編集済
  今回の結果は、今後の糧となってほしいと思います。今年の箱根の結果も然り。
安定した強さを育むことも必要かと存じます。
百も千も承知かと存じますが、他の大学も全力で頑張られています。

もしも限界を突破できない練習計画・チェックであるならば、その位置のまま・・・。
来年の正月は、走路員としてしか箱根に参加できないかも。

選手の皆様はくやしさをどう形にすべきか、それは故障しない日々の練習とケアと日々の目標立案・達成の連続と思います。

本当に応援しています。

ですが、1年生の多くにこの重責を負わせなければいけなくなったエントリーの結果は多少以上に解せません。ここばかりは、監督とスタッフの結果責任だと思います。

箱根を含めて、このままではいけないと選手・監督・スタッフの皆様が思っていることは信じてます。

僭越ながら私の話を少しばかり・・・私は全く違うフィールドですが、東大、京大、一橋卒等の方を僭越ながら、ご指導しながら成果を上げる仕事をしております。なので、現状なんて関係ないです。私も専大卒です。要は目標を決めて、実現するためのプロセスをきっちりとやり切れるかPDCAを回せるかだと思います。

一緒にこの口惜しさを共有したいと思います。強く、速く、自分らしく、
伝統のSを胸に頑張って!絶対に、来年も箱根で会いたいです!
その背中を押すために、微力ながら、寄付します・・・としか私には言えない。
 

今後に向けて

 投稿者:専修大学陸上部頑張れ  投稿日:2021年 6月20日(日)03時10分11秒
  今回の予選会は、昨年度活躍した成島選手、南選手、金久保選手、そして高瀬選手が出ていなかったので、まだ、今後に向けて伸びシロはあると願っています。主力選手が万全の状態で箱根の予選会を迎えれば勝負出来ると思います。(楽観的過ぎるかもしれませんが)。個人的には藤野選手に期待していたので、今回の予選会で観れなかったのは残念ですが、箱根予選会に向けて頑張ってほしいです。あと野下選手がブレイクしそうと勝手に思いました。今日は93年に箱根総合4位になった動画をYou TUBEで発見して懐かしんでいました。(早稲田が総合優勝した年です)  

危機感を持って!

 投稿者:C54卒  投稿日:2021年 6月19日(土)22時04分17秒
  現時点 どの大学もレベルアップしていることを認識すること! 夏以降 昨年以上の努力無しには 予選通過は甘くない現在の状況です 頑張ってください  

箱根予選会

 投稿者:エンジ緑  投稿日:2021年 6月19日(土)20時38分23秒
  今日の結果を見て、秋には高瀬、成島、服部、金久保、横山、国増、吉岡、木村、野下、キサイサの内一人でも欠けたら箱根予選会通過は危ないと思った。  

全日本予選会

 投稿者:むにゃむにゃ  投稿日:2021年 6月19日(土)20時22分38秒
  ボーダーから7分23秒差の総合18位

下は亜細亜と慶応だけで、立教に及びませんでした
 

全日本予選会

 投稿者:むにゃむにゃ  投稿日:2021年 6月19日(土)19時37分22秒
  最終組もダンカン周回遅れ、木村30分台
 

全日本予選会

 投稿者:むにゃむにゃ  投稿日:2021年 6月19日(土)18時37分34秒
  二組目終わって、最下位
19位の慶応からも40秒近く開いてます
 

期待の一年生、ほろ苦デビュー!

 投稿者:専大党  投稿日:2021年 6月19日(土)17時41分59秒
  かなり離されて一組目の
最終ランナーとなってしまった
千代島選手、最後まで頑張って走り切りました。

勝負ごとは何があるか分かりません。

この後の専大走者の奮起を期待します!


 

(無題)

 投稿者:小田原本町  投稿日:2021年 6月19日(土)17時02分52秒
  全日本大学駅伝 関東地区予選会 ライブ配信しています!
1組スタートしました。
 

全日本大学駅伝予選会エントリーリスト

 投稿者:霧島  投稿日:2021年 6月18日(金)19時39分33秒
  1組目 17:00st
野下 稜平②/千代島 宗汰①

2組目 17:40st
国増 治貴③/辻 優輝①

3組目 18:20st
横山 佑羽④/吉岡 拓哉③

4組目 19:00st
木村 暁仁②/ダンカン・キサイサ①
 

20年~21年箱根PV推移

 投稿者:宮城の北・朝霞  投稿日:2021年 6月12日(土)11時40分37秒
  20年01月〇第96回箱根駅伝大手町往路スタート地点、東洋大学の応援ブースで観戦。
20年01月〇明治大学リバティータワー「神田五大学・箱根駅伝の歴史展」観覧した。
     S専修・C中央・N日大・H法政・M明治のユニホームと襷の展示に感銘した。
20年02月〇専大の箱根駅伝優勝を支援する掲示板に初投稿!箱根に出れるのは何年先か?

20年05月〇大学駅伝2020春号を購入。専大陸上競技部の駅伝力25点・青学90点。
20年09月〇大学駅伝2020夏秋号購入。専大陸上競技部の駅伝力30点・青学85点。
20年10月〇冷雨の中、大学ラグビーリーグ戦・専大VS日大を専大友人と観戦した。
     寒さに凍えた中、予選会で専大10位入賞・箱根出場のLINEが入った。
20年12月〇箱根駅伝2021完全ガイド購入。専大陸上競技部の駅伝力32点・青学82点。

21年01月〇第97回箱根駅伝・本選、専大は力走空しく最下位。 復路は専大復活の兆し!
21年04月〇令和2年度・令和3年度専修大学合同入学式(千代田区・日本武道館)
21年05月〇大学駅伝2021春号を購入。専大陸上競技部の駅伝力45点に上昇・青学80点。
21年05月〇第53回全日本大学駅伝・予選会に出る予選会で、専大は18位を確保した。

  【箱根駅伝掲示板の年間PV数推移・2020年~2021年 】

20年06月 1、301、666PV   (前月より+5、511PV)
20年07月 1、307、774PV      (前月より+6、108PV)
20年08月 1、312、896PV   (前月より+5、122PV)
20年09月 1、319、916PV   (前月より+7、020PV)

20年10月 1、353、563PV   (前月より+33、647PV)
20年11月 1、371、434PV   (前月より+17、871PV)
20年12月 1、407、426PV   (前月より+35、992PV)
21年01月 1、447、981PV   (前月より+40、555PV)

21年02月 1、460、895PV   (前月より+12、914PV)
21年03月 1、473、716PV   (前月より+12、821PV)
21年04月 1、484、558PV   (前月より+10、842PV)
21年05月 1、496、833PV   (前月より+12、275PV)

   ◎新参者の為、この掲示板は何年頃に立ち上げたのかを存じ上げません。
 専大が、7年振りに箱根駅伝本選出場を決めてからは盛り上がりを見せてますね。
 PV数が、前年対比で115%アップとは、物凄い関心度だと思います!
 「継続は力なり!」第98回箱根駅伝・本選に連続出場出来る事を期待してます!
 
    (管理人) 宮城の北・朝霞さん、毎度書き込みをありがとうございます。
手元の記録によれば、2,009年からこの掲示板はやっているようです。よろしくお願いいたします。
 

全日本大学駅伝選考会突破へ!

 投稿者:専大党  投稿日:2021年 6月11日(金)19時13分7秒
編集済
  来週土曜日に、いよいよ選考会近づきました。
陸上部は、木村選手、ダンカン選手という
心強い二枚エースが誕生し、今までにない
期待感が沸いてきます。

陸上部のホームページを見れば
木村選手は「結果」にこだわり粘り強い走りという
自負があり、
ダンカン選手は、28分30秒というタイムを
やるつもりだ!
と頼もしいコメント。



選考会突破へ、専大陸上部の活躍を期待いたします。

頑張れ!
白地にグリーンSの精鋭!
 

虎視眈々の予選校

 投稿者:宮城の北・朝霞  投稿日:2021年 6月 5日(土)18時21分41秒
   第98回箱根駅伝・予選会の前哨戦、第53回全日本大学駅伝予選会が5月に開催。
第52回大会のシード校・8校+予選会突破校・7校=15校が関東陸連の出場枠です。

 大部分の大学陸上部は、キャンパス内にトラックが完備され体育寮も至近距離の環境。
10、000M競走は、400M×25周のタイムトライヤル・レースです。
毎日毎日トラックの周回練習が出来る大学が、1周タイムを体感出来て圧倒的有利です。

 専大は他大学より少ないトラック練習を、マンパワーでカバーした結果だと思います。
箱根予選会はトラックとロード・レースの併用。あと4カ月の練習、頑張れ専大健児!

【第53回全日本大学駅伝・シード校】~大学日本一を競う伊勢路のレース~

 シード校(第97回箱根順位)

 〇駒澤大学(本選・①位)
 〇東海大学(本選・⑤位)
 〇明治大学(本選・11位)
 〇青山学院(本選・④位)
 〇早稲田大(本選・⑥位)
 〇東洋大学(本選・③位)
 〇帝京大学(本選・⑧位)
 〇順天堂大(本選・⑦位)

【第53回全日本大学駅伝・関東予選会出場校】(10000M記録・上位8名平均タイム)

順位・大学名(第97回箱根順位)

①位・中央大学(本選・12位)         (28分43秒)
②位・國學院大(本選・⑨位)         (28分43秒)
③位・中央学院(予選・12位)↑        (28分47秒)
④位・東京国際(本選・⑩位)         (28分56秒)
⑤位・日本体育(本選・14位)         (28分59秒)
⑥位・国士舘大(本選・18位)         (29分02秒)
⑦位・創価大学(本選・②位)         (29分06秒)
  ▲▲▲第53回全日本大学駅伝予選会・ボーダーライン▲▲▲

⑧位・日本大学(予選・18位)↑        (28分57秒)
⑨位・神奈川大(本選・13位)         (29分04秒)
⑩位・山梨学院(本選・19位)         (29分06秒)
⑪位・拓殖大学(本選・15位)         (29分04秒)
⑫位・大東文化(予選・16位)↑        (29分08秒)
  ▲▲▲第98回箱根駅伝予選会・ボーダーライン▲▲▲

13位・城西大学(本選・16位)         (29分09秒)
14位・上武大学(予選・14位)↑        (29分24秒)
15位・法政大学(本選・17位)         (29分24秒)
16位・駿河台大(予選・15位)↑        (29分25秒)
17位・立教大学(予選・27位)↑※初出場    (29分40秒)
18位・専修大学(本選・20位)         (29分38秒)
19位・亜細亜大(予選・20位)↑        (29分38秒)
20位・慶應義塾(予選・19位)↑※21年振り出場 (29分32秒)

 ◎24年、大学創立150周年を迎える立教。「プロジェクトーR」は箱根駅伝出場!
18年秋、上野裕一郎監督(中央大学陸上部OB)体制でプロジェクトがスタート。
20年3月、新座キャンパスの隣接地に陸上競技部専用の「紫聖寮」が完成し入寮。
大学側(立教大学総長)の肝いりで、特別強化クラブの指定を受け「人物金」を投入。
20年春の新型コロナ以降は、徒歩10分の立教新座高校トラックで毎日周回練習の日々。
21年4月、上野監督がスカウトした1期生・2期生が活躍し、全日本予選に初出場。

 優勝経験の有る、古豪日本大学・大東文化大学・亜細亜大学・慶應義塾大学等も
「虎視眈々」と10月の予選会突破を狙ってます。専大の伸びしろに期待してます!


         
 

全日本大学駅伝予選会

 投稿者:J55  投稿日:2021年 6月 5日(土)12時40分21秒
  全日本大学駅伝関東選考会(6/19相模原ギオン)出場20校の
1万メートル公認記録の上位8選手の合計タイム
・有効期間内(2020年7月1日から2021年5月29日)
・専大は18番目
上位7チームが本戦出場できます

1中大(3時間48分37秒22)
2国学院大(3時間49分53秒67)
3中央学院大(3時間51分07秒60)
4東京国際大(3時間51分45秒55)
5日体大(3時間51分58秒64)
6国士舘大(3時間52分04秒63)
7創価大(3時間52分18秒22)
8日大(3時間52分24秒19)
9神奈川大(3時間52分31秒14)
10山梨学院大(3時間52分51秒37)
11拓大(3時間53分00秒85)
12大東大(3時間54分07秒44)
13城西大(3時間54分18秒38)
14上武大(3時間54分42秒04)
15法大(3時間55分10秒72)
16駿河台大(3時間55分20秒99)
17立大(3時間56分19秒95)
18専大(3時間56分48秒16)
19亜大(3時間57分00秒61)
20慶大(3時間57分03秒)

参考)2019年全日本大学駅伝関東選考会時の専大タイム
・合計タイム 4:06:14.48
・順位   15位
・個人別
全体順位 氏名      所属 記録     組   着
7      長谷川柊(4) 専大 28:51.1 4組  7着
70        小林彬寛(4) 専大 30:15.0 4組 28着
98        宮下晴貴(4) 専大 30:37.7 1組 24着
113       茅野雅博(3) 専大 30:54.5 3組 28着
121       成島航己(1) 専大 30:58.2 2組 25着
124       南美空翔(2) 専大 31:01.0 3組 32着
130       鹿嶋則宏(3) 専大 31:10.5 2組 29着
160       辻海里(3)   専大 32:26.6 1組 40着

予選通過チーム(前々年度は5チーム)は全員全体順位が
100位以内でした。
 

(無題)

 投稿者:ポンちゃん  投稿日:2021年 6月 3日(木)14時29分30秒
  専修大学は今冬眠中です。  

古豪復活

 投稿者:エンジ緑  投稿日:2021年 6月 3日(木)06時12分18秒
  専修が入替戦を経て1部に上がる時は、一発のある凄いバッターが必ずいました。
印象に強いのは、古くは、定岡、上野。
現役では、長谷川(ソフトバンク)、そして渡辺(JR東日本)。
渡辺選手はここぞと言う時、何度もホームランで専修を救ってくれましたね。
長谷川選手や渡辺選手の様な勝負強い選手が秋には出てきてくれる事を願うばかりです。
 

レンタル掲示板
/249